CS.CSO攻略ブログ

CS.CSOを攻略していきます 管理人@SATak47

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクションに対するアクション(CT)

アクションに対するアクション(CT)

試合中によく、ラッシュがあったり、どこかを取りに来る動きをされる場合がありますよね。
それが来た時に、そのアクションをかましてきている、敵も大事なわけですが、
その規模によるが、必ずどこかに穴があくというのが、5vs5のクラン戦の特徴である。
アクションに対して、どのようなアクションをするか?これがクラン戦で鍵となる。
今回は守り側の視点からまとめてみます。

相手のアクションの規模を把握する
相手がなにかしらのアクションを起こしてきたときに、
まず、そのアクションを起こしてきている相手に対応すべきなのか?
こちらがまともに対応しても不利にならないか?
こちらの人数、MAPの有利不利を考えて応戦するかを考える。

1人でアクションをかけてきている場合
1人でアクションを起こしている敵が居た場合、
これは、残り時間にもよるのですが、
まず、この敵が釣りなのか?それとも本命のためのアクションなのか?
撃退出来る位置にいるなら当然撃退したいところなのだが、

この1人しか現時点で把握出来ていないパターンが一番面倒。
なぜかと言うと、釣りで動いてるのか?こいつは本当に1人なのか?など
考えれば考える程に、混乱していくので、とりあえず落ち着いて、
アクションかけてきている側とは別の場所に敵がいるかどうかを確認してもらう。
泣きでもいいですし、目視でもこれは良いが、
とにかく、何のためのアクションなのかを早く把握することが大事なわけである。

2人でアクションをかけてきている場合
アクションをかけてくる場合に、2人で来ているパターンというのは非常に多い。
上の1人でアクションをかけてきている場合にも、カバーが来ていて2人だったパターンも多い。
なぜなら、2人だと、挟むことも可能ですしカバーも出来るからである。
そして、穴が出来たらそのまま2人でも進行をしようと思えば出来るからである。

逆に攻め側は極力、相手とエンカウントする可能性がある場所に行く場合は、
2人で行くと、無駄に死ぬ確率も減るので、理想的であることに間違いない。
まず、守り側としては、この2人以外にも敵が後続にいるのか?
先ほども同じことを書きましたが、アクションかけられてない側の敵を確認する。

結局のところは同じこと
1人、2人の場合と書きましたが、これはどれだけ人数が増えても同じです。
ただ、3人以上になると時間によっては、もはや釣りではない可能性が高くなる。
当然だが逆側での敵の確認が大事になる、そして時間がなくなるほどに重要になる。
まず、目先で起きているアクションを自分で処理しようと思わないこと、
1を守っているのなら、2の味方を使って現状を把握することが守り側では大事である。

どちらに何人かけてきているのか?というのは目先の情報だけでは分からない。
自分の居る位置からでは分からない情報を収集することが大事で、
味方がアクションかけられた場合は、自分の付近の情報を提供することが重要、
クラン戦では、守り側も攻め側も情報が大切なわけですが、
守り側で相手のしたいことを読むことが出来れば格段の勝率が上がる。

| CSO攻略 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FPSにおいての役割分担

FPSにおいての役割分担

クラン戦において、役割分担というのは勝負を左右するほどの
重要性を持っていると私は思っていています
試合において、キルを取っているから強いというのは間違いで
そのキルはどのような過程から生まれたのか?ということが大事
この役割分担の意味を理解した上で分担しなければ強くなれないです

個々の役割
アタッカー
一般的にアッカーはAIMが強いとか、勢いがあるからとか
そういった理由でやる人がいますが、それは間違いです
アタッカーは、必ず1人をキルする、または1人をキル出来る可能性が高い
故にHS率が高い人や、1人1殺が得意な人がやるポジションになります
アタッカーに必要な素質は、前回のアタックで相手の配置を見て
次のラウンドの配置を予想出来る人がやるべきポジション
つまり、決め撃ちが得意な人がやる役割になる

バックアップ
バックアップは基本的に悪い言い方をすればハイエナが得意な人が向いている
アタッカーの戦闘で、相手がどのポジションにいるかを予想してカバーをする
そして、射撃のHIT率が高い人がやるべき役割となる、つまりとり逃さないということ
このバックアップをする人に必要なスキルは、連続キルを流れで取れる人
そして、試合の後半に残るパターンとなっても少人数戦が得意な人がやると勝率が上がる
アタッカーの後処理を瞬時に出来ないのであれば、まだアタッカーする方がマシである

エース
エースというのは決める場合があるが、この人は無双することが仕事ではなく
味方の仕事の穴を埋めるのが基本的な役割となる、つまり最後まで残る場合が多い
一応、役割としてエースとなっているが、この人が意識すべきところは
自分が味方のやらかしをカバーすることが最重要課題であり
わざわざ、この人から行動を起こしたり、囮になる必要はない
エースというのは、バックアップのリーダーみたいな位置で考えると良い


私は基本的にこのポジションでやる事が多いのですが、正直すごく地味なポジションです
仕事としては、相手を惑わせるということなのですが、必要なスキルは
1人で2人の動きに見せることが出来る人、つまり、人数計算を狂わせる動きが出来る人
あるポイントを普通に守るのではなく、色々な方向から撃ってみたり、グレを入れてみたり
まるで、2人が連携して守っている、攻めているように見せることが大事で
相手が思わず潰したくなってしまう、アクションをかけたくなるような動きをする
基本的に死役になるので、かなり地味というのは、この事からである
この人は基本的に目立たないことが多いですが、全体MAPで試合を見た時に・・・ry

指揮
指揮というのは、そのクランで瞬時に思っていること、相手の動きから次の指示を出せる人
私は一応、指揮官やっていますが、10人10色なので、コレっていう指揮はないです
ただ、指揮というのはそのクランに合った指揮が大事で、合わない指揮をやっていては意味がないです
この人に必要なスキルは客観的に試合を見ることが出来る、相手の配置を瞬時に覚えれる人
私の指揮のやり方としては、最初の初動から後半になってからの切り替えしか指示せず
基本的に自由にプレイヤーを動かすのが得意としている指揮です
全体の指揮は、誰がやるのか決めるべきですが、前線で戦ってる人にしか分からないことも多いので
前線での指示や行動は、個々で指示していくのがベストなクラン戦の形で、全てを指揮に任せるのはNG

まとめ
クラン戦というのは、5人で勝つことが目的で
誰かが無双する前提で試合をしたり、流れでAIMゴリ押しはクラン戦ではないです
誰かが死んで誰かが倒す事が出来た、そういう動きを徹底することが大事で
キルをするから強いという発想では成長しませんし、必ずと言っていいほど大会で負けます
大会では、半分以下の実力しか出せない前提で、どれだけ死んだ味方を無駄にしないか
そして、相手の精神状況から、どのポイントを今のラウンド攻めるべきなのか?
簡単にまとめると、自分のキルは味方のおかげで、自分のデスは味方のためと考えることが大事

| CSO攻略 | 20:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FPSで強くなるための三原則

FPSで強くなるための三原則

イケイケ精神
FPSの試合は多少の実力差は勢いでどうにかなることがあります。
イケイケ精神は、負けていても巻き返す、勝っていたら勝ちこむ
イケテナイクランは・・・あとはご想像にお任せします。

ハングリー精神
まだまだ・・・おれは強くなれると思い続けることは大事です。
常に強くなることに対して欲を持つことがなければ成長は止まります。
私などは、日本でTOPレベルの〇〇になるみたいなのを目標にしてます。
常に強くなることは難しいですが、強くなりたいと思い続けることは可能です。
そして、思うだけではなく努力をすることももちろん必要なことです。

自惚れ
自分を買い被ることはたまには必要です。
試合をする前は自分は強いと自惚れ、試合が終わったら自分は弱いと思う。
何故試合前は自惚れが必要なのか?それは自信を生むためです。
無理かもしれない、相手のが上手など思っていたら絶対勝てません。
自分が最強と思うことで、いくらかマシにはなったりします。
しかし、試合後は自惚れではなく、自分の弱さを受け止め、
反省をして、自分のダメなところを見つけて、次に活かす。

| CSO攻略 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開幕勝負

開幕勝負

どのFPSでも、開幕で勝負をしたがるプレイヤーがいますが
これは野良であっても、クラン戦であっても避けたい勝負です
なぜか?まず言えるのは、生まれや相手の出方、ラグなども含めた
運要素が強い勝負になる可能性が高いからです

しかも、どのMAPにおいても守り有利、攻め有利があります
どちらにしても、負けた側のデメリットが大きすぎるためです

有利陣営側が負けた場合
有利な陣営、つまり出来るだけ多くラウンドを取りたいわけで
最初に何もなしに負ける=有利な陣営で貴重なラウンドを落とす

不利陣営側が負けた場合
不利陣営は、5-5で試合をやっても厳しいわけで
最初にいきなり負けられると、通常でもきつい試合が
もっとキツくなるので、かなり詰む

結論
つまり、ラウンドを落とすやらかしに繋がる可能性が高いということ
そんなとこで、勝負をするくらいなら、勝負すべきとこで勝負すべき
以上のことなどから、開幕勝負は勝った時のメリットより
負けた時のデメリットがでかい勝負であることは間違いないです

| CSO攻略 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FPSで役に立つかもしれない言葉

FPSで役に立つかもしれない言葉

私の色々な経験から出来上がった、自論MAX語録です
CSの時とかに思いついたやつなので、役に立つかもしれない!?
意味は読み解いてください。参考になるものは吸収してください。

・自分のキルは味方のお陰、自分のデスの味方の為。
・AIM良くするより、有利な状況にする。
・勝てる勝負は積極的に、勝てない勝負は逃げる。
・一人一殺。
・試合中はイケイケ、試合後は冷静に反省。
・設定極めるより、撃ち合い極めろ、撃ち合い極めるより、立ち回りを極めろ。
・練習試合は本番の気持ちで、本番は練習試合の気持ちで臨む。
・相手の弱点は、対策するまで攻める。

| CSO攻略 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。